Category

  • 日本一狭い県なのに、さまざまな魅力が詰まった香川
    • 何はともあれ、讃岐うどん
    • お遍路さんと空海とうどんと
    • 「こんぴらさん」金刀比羅宮
    • 空海の生誕地・善通寺
    • 瀬戸大橋の一端として
    • コンビニATMが無い県だった
    • SF、サスペンス、青春ドラマ あらゆる物語の舞台
  • 香川と四国の今が見える
    • 住みたい街・四国のナンバーワン・高松市
    • 高松市の賃貸家賃は、全国平均レベル
    • 商店街などが充実、住みやすさも充実
    • 市に関わらず、手の届く金額の一戸建て
    • 瀬戸内に浮かぶ離島への住民誘致
    • 県営住宅の充実
    • 瀬戸大橋を渡って、本州に通勤する

香川と言えば讃岐うどんです。

香川に住んで讃岐うどんをとことん堪能

私の弟は小さい頃から料理が好きで食べることも好きで、結局料理人になりました。そんな彼が修学旅行で香川に行ったときのことです。

お昼を中心に班単位の自由行動の時間。その間、他の班の人達は金比羅参りからお昼は簡単に済ませお土産購入し栗林公園とか、あるいはちょっとフェリーで小豆島とかに行きます。そういう状況の中で弟たちは柔道部員や山岳部といった男子達ばかりで集いひたすら「うどん屋のはしご」をしてきたそうです。

そんな修学旅行から帰ってきた弟は母親に香川の魅力を熱く語ったので、それに触発されたうちの両親もその数ヶ月後に四国旅行をしてきたらしく、私の所には和三盆やタマネギスープ、酢橘や黒豆などのお土産が届きました。

今回の私は斯くの如く魅力に溢れているらしい香川について、何がそんなに素晴らしいのかといろいろ調べてみました。その結果、弟が語っていたウドンの完成度だけでなく、香川には歴史、文化、産業、県民性その他様々な魅力があることを知りましたので、私の筆力でその全てを伝えきれるかは分かりませんが出来る限り香川について紹介していきたいと思います。

香川に住んで讃岐うどんをとことん堪能

日本一狭い県なのに、さまざまな魅力が詰まった香川

香川は地図の上では小さいけど魅力は大きいです。

香川と四国の今が見える

南側の山から瀬戸内海と県全体を長めながら考えました。